応援幕の効果的な使い方

単純に応援幕といってもたくさんの種類があります。例に挙げると、ロードバイクを使ったロードレースです。この競技の場合一番遅いときでも、時速25kmくらいです。さらに、遅いとき=苦しいときなので見る余裕があるかどうかと言われればありません。が、そんな劣悪な状況下だからこそ見たとき選手はがんばれるのでしょう。では、こちら側に気づいてもらうためにはそのような工夫または行動をとればよいのでしょうか。それは、まず大きな声です。声とともに応援幕も見えれば選手のやる気を引きおこすことが出来るでしょう。ですが、声でこちらに気づいても書いている内容ががんばれの一言だったり、シンプルすぎると、選手はこちらの思いとは裏腹にがんばれなくなる。または、とくにそれといった効果のないものとなってしまいます。ここにも工夫が必要で、相手にこちら側の応援する気持ちをカラフルにしたり、力強い言葉にしたり、このほかにも気持ちを応援幕に表すことが重要です。


応援幕の効果で頑張れる

応援幕とは、大きな布に人や団体などの名前を書いたり、言葉を書いて吊るしたり、持ったりして人や団体を応援するためのものです。様々な大会に参加したり、見に行ったりすると「ファイト!」や「頑張れ!」といったような幕だったり、企業名や団体名、学校名が記載された横長だったり、縦長だったりする幕が付けられていることがあると思います。私も小さい頃から様々な応援幕を目にしてきましたが、それがあるとないとでは、気持ちの面で大きく違ってくると思います。応援する側も気合いが入りますし、競技などを行う側も集中していて何も聞こえないときがあったとしても、目は開いていますので、その幕は目に入ってきます。そこに団体名などが書いてあったり、頑張れというような言葉が書いてあることで、力がみなぎり、最後まで頑張れるような気がします。


応援幕の価格と大きさと生地の関係

応援幕を作成する為には、もちろん費用がかかります。2千円台から4万円台などと、かなり差があるものなのですが。その費用は、主に2つの要素によって決まります。まず幕の大きさです。基本的に大きな幕は、費用が割高になる傾向があります。例えば14,400平米センチメートルの幕の場合は3千円前後だとします。ところが16,000平米の幕の場合、5千円前後などの具合です。両者には比例関係がある訳です。それともう1つ関係あるのは、幕の生地です。生地にも色々な種類があるもので、薄いものや厚手のものなど様々なものです。薄手の生地の場合は4千円前後ですが、厚手の生地の場合は5千円前後などの具合です。基本的にやや頑丈さが感じられる生地などは、値段も割高になるようです。このように応援幕の価格というものは、幕の大きさと生地の種類という2つの要素によって左右される訳なのです。


*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)